カルクノート

カルクノート

技術計算エディター

Windows 7/Vista

98/Me/2000/XP

カルクノートのダウンロード


フェイスブック

ご紹介いただいているサイト
・窓の杜 - ソフトライブラリ 3月版 「カルクノート」
・窓の杜 - 【REVIEW】数式をテキストエディター感覚で入力するだけで解を自動算出「カルクノート」
窓の杜
・ベクター - ソフトライブラリ 「カルクノート」
Vector
・フリーソフトナヴィ - 「カルクノート」 ※レビュー投稿募集中!
フリーソフトナヴィ

算式サンプル 人気ランキング
(2013/03/31~2013/06/29)
No.01 入門用チュートリアル
No.02 体脂肪率(キャリパー法)
No.03 肥満度チェック
No.04 理想のスリーサイズ
No.05 ローン返済額計算
No.06 体表面積(BSA)
No.07 二次方程式の解
No.08 つるかめ算
No.09 子供の身長予測
No.10 入学(入社)年計算
New 海外旅行時のチップ計算
その他の算式サンプルはこちら

  このエントリーをはてなブックマークに追加

0237277

バージョンアップ内容▲戻る

P バージョンアップの履歴

■2011年04月01日
カルクノートVer1.0.4.0 バージョンアップ内容
■2010年02月01日
カルクノートVer1.0.3.0 バージョンアップ内容
■2009年09月01日
カルクノートVer1.0.2.0 バージョンアップ内容
■2009年06月01日
カルクノートVer1.0.1.0 バージョンアップ内容
■2009年04月01日
カルクノートVer1.0.0.0 初リリース
 

Ver1.0.3.0 → Ver1.0.4.0 バージョンアップ内容▲戻る

P 高精度 10進数演算モード搭載。

  四則演算の内部演算方法を、2種類の中から選ぶ事ができるようになりました。 2進/10進変換誤差が発生しない、高精度な計算が可能な「高精度モード(日常計算用 10進数演算)」、 計算速度が速く、扱える数値の範囲が広い「通常精度モード(工学計算用 2進数浮動小数点演算)」の2種類からお選びいただけます。

詳しくは「演算精度について」をご覧ください。
クリックすると拡大
▲画像をクリックすると拡大

P 計算結果の自動編集機能が充実しました。

   金額などを表す時に便利な、「整数部の3桁カンマ区切り」機能、算式を縦に並べた時や表形式にした時に、きれいに揃えて出力できる「文字幅固定」機能、「右寄せ/左寄せ 選択」機能を追加しました。 また、既存の機能である「自動丸め」機能や「小数部のゼロ埋め」機能の拡張も行いました。

詳しくは「カルクノートを使ってみよう 応用編 「計算結果を見やすく表示しよう」」をご覧ください。
クリックすると拡大
▲画像をクリックすると拡大

P 使用できる関数や比較演算子を追加しました。

  数値の少数部分を返す関数「Frac」、階乗を返す関数「Fact」を追加しました。 また、比較演算子は 論理積(AND)と論理和(OR)を追加しました。 この2つの比較演算子をうまく利用すると、複雑な条件式をよりシンプルに記述できるようになります。

詳しくは「カルクノートを使ってみよう 応用編 「IF文の応用」」をご覧ください。
クリックすると拡大
▲画像をクリックすると拡大


P Microsoft Office(Excel) 2010 に対応。

  カルクノート エクセルアドインが、エクセル2010 に対応しました。最新のバージョンのエクセルで、カルクノートとの連携が行えます。
クリックすると拡大
▲画像をクリックすると拡大

その他、細かい修正および変更を行いました。

Ver1.0.2.0 → Ver1.0.3.0 バージョンアップ内容▲戻る

P Windows 7 に対応。

   新しく登場したOS Windows 7 に対応しました。
クリックすると拡大
▲画像をクリックすると拡大

P 算式の入力をより快適に。変数一覧表示機能。

   既に定義された変数を再利用できるのは、カルクノートの大きな特徴の一つですが、使用するたび入力し直すのはちょっと面倒。 というわけで、定義済みの変数を一覧から選択できる機能を追加しました。 一覧から変数を選択すると、その変数名が算式入力画面のカーソル位置に張り付きます。

詳しくはこちらをご覧ください。
クリックすると拡大
▲画像をクリックすると拡大

P より自由なレイアウトが可能に。エクセルアドイン関数の機能強化。

  エクセルアドイン関数「CalcNoteDsp」は、算式の計算結果を一つのセルに一括表示できる便利な関数です。 今回はこの関数に、算式の計算結果を複数のセルに分割表示できる機能も盛り込みました。 必要なところに必要なだけの結果を表示できるので、レイアウトの幅が広がります。

詳しくはこちらをご覧ください。
クリックすると拡大
▲画像をクリックすると拡大

その他、細かい修正および変更を行いました。

Ver1.0.1.0 → Ver1.0.2.0 バージョンアップ内容 ▲戻る

P 入力した算式のエラー箇所へ、一発ジャンプ。

  入力した算式にエラーがある場合に、その原因となる箇所にカーソルをジャンプさせる機能を追加しました。 これにより、エラー箇所を探す煩わしさを軽減し、より快適に算式入力を行えるようになりました。

詳しくはこちらをご覧ください。
クリックすると拡大
▲画像をクリックすると拡大

P 大切な算式ファイルを守る、セキュリティ機能。

  作成した算式ファイルについて、パスワードによるロックをかける事ができるようになりました。 パスワードを設定すると、以後ファイルを開く時にパスワード入力画面が表示されるようになります。 パスワード入力画面に正しいパスワードを入力するまではファイルが開けなくなり、セキュリティが保たれます。

詳しくはこちらをご覧ください。
クリックすると拡大
▲画像をクリックすると拡大

P エクセルアドインの関数の実行制限機能。

  エクセルで使用できるカルクノート エクセルアドインの関数について、算式ファイルごとに実行を許可する/しない の設定が行えるようになりました。 パスワードの設定と組み合わせる事で、見せたい部分だけを見せ、見せたくない部分は隠すことが可能になります。 エクセルとカルクノートを使って作成した書類を、顧客に納品する場合などに便利にお使いいただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
クリックすると拡大
▲画像をクリックすると拡大

その他、細かい修正および変更を行いました。

Ver1.0.0.0 → Ver1.0.1.0 バージョンアップ内容 ▲戻る

P 指数表記での数値の入力に対応しました。

  非常に大きな、また非常に小さな数値を入力する場合、指数表記を用いて入力を簡素化する事ができるようになりました。 書式は「数値E整数」 または 「数値e整数」です。(例:5E6 5E+6 5E-6 など)
詳しくはこちらをご覧ください。
クリックすると拡大
▲画像をクリックすると拡大

P 計算結果の自動丸めを「行う」、「行わない」の選択が可能になりました。

  計算報告書作成の時など、計算結果の丸めを統一したい時には、計算式全部に丸め関数(Round)を記述する必要のない「計算結果の自動丸め」はとても便利な機能です。 今回はそれに加え、「計算結果の自動丸め」を行わない設定も可能にしました。これにより、より電卓に近い感覚でお使いいただけるようにもなりました。
詳しくはこちらをご覧ください。
クリックすると拡大
▲画像をクリックすると拡大

P 算式ライブラリの自作が可能になりました。

  普段よく使う公式や計算式は、なるべく手元に置いてすぐに使えるようにしておきたいものです。 今回は、このホームページからダウンロードできる算式ライブラリと同等のものを自作できるようにしました。 これにより、普段よく使う公式や計算式を算式ライブラリとして登録し、メニューから簡単に呼び出せるようになりました。
詳しくはこちらをご覧ください。
クリックすると拡大
▲画像をクリックすると拡大

その他、細かい修正および変更を行いました。