カルクノート

カルクノート

技術計算エディター

Windows 7/Vista

98/Me/2000/XP

カルクノートのダウンロード


フェイスブック

ご紹介いただいているサイト
・窓の杜 - ソフトライブラリ 3月版 「カルクノート」
・窓の杜 - 【REVIEW】数式をテキストエディター感覚で入力するだけで解を自動算出「カルクノート」
窓の杜
・ベクター - ソフトライブラリ 「カルクノート」
Vector
・フリーソフトナヴィ - 「カルクノート」 ※レビュー投稿募集中!
フリーソフトナヴィ

算式サンプル 人気ランキング
(2013/03/31~2013/06/29)
No.01 入門用チュートリアル
No.02 体脂肪率(キャリパー法)
No.03 肥満度チェック
No.04 理想のスリーサイズ
No.05 ローン返済額計算
No.06 体表面積(BSA)
No.07 二次方程式の解
No.08 つるかめ算
No.09 子供の身長予測
No.10 入学(入社)年計算
New 海外旅行時のチップ計算
その他の算式サンプルはこちら

  このエントリーをはてなブックマークに追加

0244512

カルクノートを使ってみよう(応用編)▲戻る

P 算式を入力する時のコツや小技をご紹介

カルクノートを使ってみよう(基本編)」では、カルクノートの基本的な使い方をご紹介しました。 演算式、宣言式、コメントの、基本的な入力方法がお分かりいただけたかと思います。 このページでは、算式を入力する時のコツや小技をご紹介します。なお、具体的な活用例については 「算式サンプルいろいろ 」のページにある算式サンプルファイルをご覧ください。

算式参照画面に、答えだけを表示させるには▲戻る

P 「計算注釈」を使用する

計算注釈」とは、計算は行うけれども算式参照画面には出力しない注釈文の事です。 これを利用する事で、計算式は表示させずに答えだけを表示させる事ができます。
try_gif22.gif

■書式:@(アットマーク)から@まで、または@から[改行]まで。

P 変数の値を計算なしに表示させたい時にも有用

ある変数の数値を、計算しないでそのまま算式参照画面に表示させたい場合、以下のようにして表示させることができます。
try_gif27.gif

■ダミーの宣言式を用意して、計算注釈を行えばOK

算式参照画面に、計算式中の変数名を表示させるには▲戻る

P 「計算注釈」と「印字注釈」を組み合わせる

計算式に含まれている変数をそのまま変数名として表示させたい場合は、以下のようにして表示させることができます。
try_gif28.gif

■この様に、計算式の途中に印字注釈をはさむ事で実現可能です。

演算式と宣言式を組み合わせてみよう▲戻る

P 1つの算式に=(イコール)を2つ記述する

次の算式を見てください。
try_gif31.gif

■「金額」と「答え」の両方に1500を代入します。

このように、「$変数=計算式=変数」と入力することで、演算式と宣言式を組み合わせることができます。 算式参照画面を見ると、金額が1500であることが一目で分かるので、より親切な計算式になります。


計算結果を見やすく表示しよう▲戻る

P カンマ区切りで金額を見やすく表示する

変数の値を、整数部を3桁カンマ区切り編集して表示します。
計算結果が大きな数値の場合でも見やすく表示できるので便利です。


try_gif64.gif
■「パソコン」と「テレビ」の合計金額を求める計算式を、3桁カンマ区切り編集して表示します。

設定方法
メニューの「ツール」→「データファイルごとの設定」→「基本設定」タブを選択してください。


try_gif65.gif
■「整数部の3桁カンマ区切り」にチェックを入れ、OKボタンをクリックしてください。

try_gif66.gif
■「新規作成時に適用する」にチェックを入れると、新規作成時に最初からこの設定内容になります。

P 数値を右寄せして綺麗に整列させる

変数の数値を、文字幅を固定して右寄せ または左寄せして表示します。
計算式が縦に並んでいるときに、綺麗に揃えて表示できます。


try_gif67.gif
■「きゅうり」と「にんじん」の合計金額を求める計算式を、右寄せで揃えて表示します。

設定方法
メニューの「ツール」→「データファイルごとの設定」→「基本設定」タブを選択してください。


try_gif68.gif
■「文字幅を固定」にチェックを入れ、固定する文字数と、右寄せ/左寄せの設定を行います。

try_gif66.gif
■「新規作成時に適用する」にチェックを入れると、新規作成時に最初からこの設定内容になります。

P 小数点以下の桁数を揃えてさらに見やすく

変数の数値の小数部に、指定された桁の数だけゼロを付けて(ゼロ埋めして)表示します。 数値の右寄せ設定と合わせてこの設定を行うと、小数点の位置が揃ってさらに見やすくなります。


try_gif69.gif
■長方形のタイルの面積の合計を求める計算式を、少数桁1桁のゼロ埋めで表示します。

設定方法
メニューの「ツール」→「データファイルごとの設定」→「基本設定」タブを選択してください。


try_gif70.gif
■「小数部のゼロ埋め」にチェックを入れ、ゼロをつける桁数の設定を行います。

try_gif66.gif
■「新規作成時に適用する」にチェックを入れると、新規作成時に最初からこの設定内容になります。

IF文を使ってみよう▲戻る

P 「もし~だったら」という条件を定義する

次の算式を見てください。
try_gif29.gif

■メタボリック胸囲の基準を判断します。「性別」が1ならば85を、それ以外ならば90を「胸囲」に代入します。

【 IF文 】
説明:条件式に当てはまるかどうかを判断して、真の場合、偽の場合の値を返す
書式:if ( 条件式 , 真の場合 , 偽の場合 )

■条件式には 等号=、不等号<>、より小さい<、より大きい>、以下<=、以上>= が使用できます。

真の場合、偽の場合に返す値として、数値、変数、計算式が入力できます。返す値に、さらにIF文を挿入する事(ネストする事)もできます。

返す値に計算式を記述する例
try_gif32.gif

■300円以上お買い上げの場合には、1個分の値段をおまけします。

IF文のネストの例
try_gif30.gif

■「位」が1ならば300を、2ならば200を、それ以外ならば100を「値段」に代入します。

P 計算式の中にIF文を書く

次の算式を見てください。
try_gif33.gif

■300円以上お買い上げの場合には、1個分の値段をおまけします。

このように、計算式の中にIF文を書いて、IF文が返す値を元に計算させることができます。

P IF文の結果を文字で表示する

次の算式を見てください。
try_gif34.gif

■性別と胸囲を設定して、あなたがメタボの可能性があるかどうかを判断します。

このように、IF文が返す値は数値ですが「計算注釈」と「印字注釈」を利用する事で、算式参照画面に文字を表示させることができます。


IF文の応用▲戻る

P 複雑な条件式をシンプルに記述する

次の算式を見てください。
一次試験、二次試験、三次試験のどれもが70点以上の場合のみ「合格」と表示します。
try_gif72.gif

■IF文のネストを利用して判定させたあと、ダミーの宣言文を使って表示させています。

もしくは、このような書き方もあります。
try_gif73.gif

■う~ん。効率的ではないですね。。。

【 論理積(AND) 】
説明:複数の条件が全て当てはまる場合は真、それ以外は偽の値を返す
書式:if ( (条件式)&(条件式) , 真の場合 , 偽の場合 )

■&は必要に応じて複数記述できます。

論理積(AND)を用いると、次のようにシンプルに記述できます。

try_gif74.gif

■T1が70以上、かつT2が70以上、かつT3が70以上の場合に「合格」と表示します。

この例にはもう一つ、別の書き方があります。


【 論理和(OR) 】
説明:複数の条件のうちどれかが当てはまる場合は真、それ以外は偽の値を返す
書式:if ( (条件式)|(条件式) , 真の場合 , 偽の場合 )

■|は必要に応じて複数記述できます。

論理和(OR)を用いると、次のようにシンプルに記述できます。

try_gif75.gif

■T1が69以下、又はT2が69以下、又はT3が69以下の場合に「不合格」と表示します。

演算記号の表記を置き換えてみよう▲戻る

P /と書いて÷と表示させる方法

カルクノートに入力できる演算記号は、+-/*と+-÷×のどちらでも可能です。 通常は入力した演算記号がそのまま算式参照画面に表示されますが、*と書いて×と表示させたり、/と書いて÷と表示させる事もできます。

メニューの「ツール」→「データファイルごとの設定」→「基本設定」タブを選択してください。
try_gif35.gif
■置き換えたい演算記号にチェックを入れ、置き換える記号を選択してください。

try_gif66.gif
■「新規作成時に適用する」にチェックを入れると、新規作成時に最初からこの設定内容になります。

設定したのちOKボタンをクリックすると、置き換えが行われます。
try_gif36.gif
■設定した内容は、算式ファイルに保存されます。

指数表記で数値を入力してみよう▲戻る

P 指数表記を用いて数値の入力を簡素化する

非常に大きな、または非常に小さな数値を入力する場合、指数表記を用いて入力を簡素化する事ができます。書式は「数値E整数」 または 「数値e整数」です。

非常に大きな数値を入力する場合、次のように記述できます。
try_gif41.gif

■1E9 と 1E+9 は同じ意味です。どちらも「1×10^9」を表しています。

非常に小さな数値を入力する場合、次のように記述できます。
try_gif42.gif

■1E-4 は 「1×10^-4」、 1E-12 は「1×10^-12」を表しています。

エラー箇所へ、カーソルをジャンプさせる方法▲戻る

P エラー箇所を探す煩わしさを軽減する

画面下部のステータスバーに表示されている解析結果が(正常)でない場合には、算式の入力になんらかのエラーが存在します。 この時、エラーの原因となる箇所にカーソルをジャンプさせる方法をご紹介します。

F5キーを押すか、メニューの「検索」→「エラー箇所検索」をクリックしてください。
try_gif43.gif

■「B」という変数が定義されていないので、解析結果に「変数未定義(2行目)」と表示されています。
■F5キーを押すと、エラーの原因となっている「B」にカーソルがジャンプします。

解析結果が(正常)の場合は、F5キーを押しても何も起こりません。


算式ファイルをパスワードでロックする方法▲戻る

P 大切な算式ファイルを守る、セキュリティ機能

パスワードを設定すると、以後ファイルを開く時にパスワード入力画面が表示されるようになります。 パスワード入力画面に正しいパスワードを入力するまではファイルが開けなくなり、セキュリティが保たれます。

P パスワード設定方法

メニューの「ツール」→「データファイルごとの設定」→「セキュリティ」タブを選択してください。
「パスワード入力」に文字を入力してください。
「確認の為もう一度」に、同じ文字をもう一度入力してください。
try_gif44.gif

■パスワードは、半角のアルファベットか数字で入力してください。
■パスワードの文字数は、最大32文字まで入力できます。
■パスワードは、大文字、小文字を区別します。
■パスワード入力の欄に何も入力していない場合は、パスワード設定なしになります。

OKボタンをクリックして完了です。

P パスワード入力画面

パスワードが設定された算式ファイルを開く時、パスワード入力画面が表示されます。
正しいパスワードを入力してOKボタンをクリックしてください。
try_gif45.gif

■パスワードを忘れると、算式ファイルが開けなくなりますのでご注意ください。

定義済みの変数を一覧から選択する方法▲戻る

P 変数一覧表示機能

この機能は、すでに定義された変数の一覧を表示します。
画面には、変数の名前と、その変数に代入されている値を表示します。
一覧から変数を選択すると、算式入力画面のカーソル位置にその変数名が張り付きます。
定義済みの変数を、逐一入力する手間が省けます。

P 起動方法

Ctrlキー + Spaceキー を押すか、メニューの「検索」→「変数一覧」をクリックしてください。
try_gif60.gif

■慣れてくると、Ctrlキー + Spaceキー が便利です。

カーソル位置に、変数一覧画面が表示されます。

try_gif61.gif
■この例では「体重」、「身長」、「ローレル指数」という変数が一覧に表示されます。

貼り付けたい変数を選択して、Enterキーを押すか、マウスでダブルクリックしてください。
キャンセルする場合は、Escキーを押してください。

P 「挿入モード」と「置き換えモード」

「挿入モード」
カーソルが通常の状態で変数一覧を起動すると、「挿入モード」になります。
前述の通り、すでに定義された変数が全て一覧に表示されます。
一覧から変数を選択すると、カーソル位置にその変数名が挿入されます。
try_gif62.gif

■この例では「体重」、「身長」、「ローレル指数」という変数が一覧に表示されます。

「置き換えモード」
カーソルが範囲指定された状態で変数一覧を起動すると、「置き換えモード」になります。
範囲指定された文字から始まる変数のみを抽出して一覧に表示します。
一覧から変数を選択すると、範囲指定された文字が、選択した変数名に置き換わります。
try_gif63.gif

■この例では「体」から始まる変数名のみを一覧に表示します。

P 値について

値の内容は、入力されている算式をすべて計算した結果です。
現在のカーソル位置までの計算結果ではない事に注意してください。