カルクノート

カルクノート

技術計算エディター

Windows 7/Vista

98/Me/2000/XP

カルクノートのダウンロード


フェイスブック

ご紹介いただいているサイト
・窓の杜 - ソフトライブラリ 3月版 「カルクノート」
・窓の杜 - 【REVIEW】数式をテキストエディター感覚で入力するだけで解を自動算出「カルクノート」
窓の杜
・ベクター - ソフトライブラリ 「カルクノート」
Vector
・フリーソフトナヴィ - 「カルクノート」 ※レビュー投稿募集中!
フリーソフトナヴィ

算式サンプル 人気ランキング
(2013/03/31~2013/06/29)
No.01 入門用チュートリアル
No.02 体脂肪率(キャリパー法)
No.03 肥満度チェック
No.04 理想のスリーサイズ
No.05 ローン返済額計算
No.06 体表面積(BSA)
No.07 二次方程式の解
No.08 つるかめ算
No.09 子供の身長予測
No.10 入学(入社)年計算
New 海外旅行時のチップ計算
その他の算式サンプルはこちら

  このエントリーをはてなブックマークに追加

0244514

カルクノートを使ってみよう(基本編)▲戻る

P 起動方法

  「スタート」→「すべてのプログラム」→「カルクノート」→「カルクノート」 を選択して起動してください。
try_gif11.gif

P メイン画面のレイアウト

  カルクノートを起動すると、下のような画面が表示されます。
calcnote_layout.gif

(1)算式入力画面
  この画面に算式を入力します。

(2)算式参照画面
  算式入力画面に入力された算式の計算結果を表示します。

(3)解析結果
  算式入力画面に入力された算式が、算式として正しいかどうかチェックしてその結果を表示します。正しくない場合には、エラー内容と原因となる行番号が表示されます。 常に「解析処理(正常)」となるよう心がけましょう。

(4)画面レイアウト選択
  算式参照画面について、お好みの表示方法をクリックして選択してください。
※上の画像はtry_Icon1.gif「左右分割表示」を選択しています。

P 保存と終了方法

算式を入力し終えたら、メニュー「ファイル」→「名前付けて保存」または「上書き保存」をクリックして保存してください。
try_gif12.gif

■メイン画面上部のフロッピーアイコンをクリックしてもOK

保存するファイルの拡張子はCNDです。
以後、保存したファイルをダブルクリックすると、カルクノートが起動します。

終了はウインドウ右上の×ボタンをクリックするか、メニュー「ファイル」→「終了」をクリックしてください。


計算式を入力してみよう▲戻る

P 簡単な計算式を入力してみましょう。

算式入力画面に「10+20=A」と入力してください。
try_gif13.gif

■算式参照画面に計算結果が表示されます。

【 演算式 】
説明:左辺の計算式の答えを、右辺の変数に代入します。
書式:計算式=変数名

■演算式には、必ず1文字の = が含まれる必要があります。

「A」は、答えとなる数値が格納される変数の名前です。
「A」と書くことによって、「A」には答えの30が入り、算式参照画面にはその答えが表示されます。 変数の名前は、特に「A」である必要はありません。お好きな名前をつける事が可能です。
try_gif14.gif

■変数の名前は日本語でもOK。

変数「A」は、その後の計算に利用する事ができます。
次の行に「A*2=B」と入力してください。
try_gif15.gif

■「A」には30が入っているから、A*2の答え「B」は60になります。

もしも、「B」の代わりに「A」と書いたら、「A」には答えの60が再代入されます。
try_gif76.gif

■最初の計算式で「A」に30が代入され、次の計算式で60が再代入されます。

算式の入力が完了したら、あとは数値を変えるだけで再計算してくれます。
1行目の10を15に変更してください。 try_gif77.gif

■全部の計算式が再計算されて、「A」には35、「B」には70が代入されます。

算式の入力後は、画面下のステータスバーに表示されている解析結果を見て、「解析処理(正常)」となっている事を確認しましょう。


変数を宣言してみよう▲戻る

複雑な計算式を書いたり、複数の計算式を組み合わせるときには、あらかじめ変数を宣言しておくと、あとから使い回しができて便利です。


P A君の身長は170cmですよ。と宣言する。

次の算式を見てください。
「170」という数値を、変数「A君の身長」に代入しています。
try_gif24.gif

■変数「A君の身長」の数値を変更すると、「平均」の値も自動的に再計算されます。

【 宣言式 】
説明:右辺の数値、または 計算式の答えを、左辺の変数に代入します。
書式:$(ドル)変数名=数値 または 計算式

■宣言式には、必ず1文字の = が含まれる必要があります。

一度「A君の身長」を宣言しておけば、あとは必要な箇所に「A君の身長」と書くだけでその数値が使われるので、計算式の内容が分かりやすくなります。また、値を変更するときに一箇所の修正で済むので便利です。


宣言式は、数値だけでなく計算式も書くことができます。
try_gif78.gif

■A君は2cmサバを読んでいたようです。

P 「演算式」と「宣言式」の違いについて

カルクノートで入力できる算式には、計算式=変数 という通常の「演算式」と、$変数=計算式 という「宣言式」の2種類があります。

演算式のとき、算式参照画面には、変数が持っている数値を表示します。
try_gif13.gif

■変数「A」は、答えの数値30に置き換わります。

宣言式のとき、算式参照画面には、変数の名前をそのまま表示します。
try_gif23.gif

■変数「A君の身長」は、そのまま「A君の身長」と表示されます。

計算結果を丸めてみよう▲戻る

P 計算結果を丸める方法は2種類あります。

1)全ての計算式の結果を、共通の丸め設定で自動的に丸める
2)1つの計算式の結果を、丸め関数を使って丸める

次の例題を使って、2つの丸め方法を順に見ていきます。
try_gif79.gif


P 全ての計算式の結果を、共通の丸め設定で自動的に丸める方法

メニュー「ツール」→「データファイルごとの設定」→「基本設定」タブをクリックしてください。
try_gif16.gif

■データファイルごとに、計算結果の自動丸めの設定が行えます。

例として、自動丸めにチェックを入れて、四捨五入、丸め桁を「少数以下1桁」に設定してOKボタンをクリックしてください。
try_gif17.gif

■円周、円の面積の計算結果が、少数以下1桁で四捨五入されました。

算式を保存すると、保存したデータファイルには、この丸めの設定値もいっしょに保存されます。

P 1つの計算式の結果を、丸め関数を使って丸める方法

丸め関数を使うと、計算式1つ1つに個別に丸め設定を行うことが可能です。


【 Round関数 】
説明:計算式 や 変数 や 数値 を四捨五入で丸めます。
書式:Round ( 計算式 または 変数 または 数値 , 少数桁 )

■少数桁に、表示したい位の整数を入力。入力した整数+1の位を四捨五入で丸める。
■仮に整数位1桁にしたい時にはゼロを、それ以上にしたい時はマイナス値を設定する。
■関数名に大文字、小文字の区別はありません。

例として、円周を求める計算式を、Round関数を用いて次のように修正しました。
try_gif18.gif

■少数6桁目を四捨五入して、5桁目まで表示します。

このように、Round関数を記述すると、先ほど「データファイルごとの設定」で設定した共通の丸め設定よりも優先されます。

ただし、次のようにRound関数を記述すると、少し違った動きをします。
try_gif19.gif

■Round関数によって丸められた値を使って計算した結果を、共通の丸め設定で丸めます。

類似の関数として、切り上げで丸めるRoundup関数と、切捨てで丸めるRounddown関数があります。使い方はRound関数と同じです。


P Round関数は算式参照画面に表示させることもできます。

メニュー「ツール」→「データファイルごとの設定」→「基本設定」タブをクリックしてください。
try_gif39.gif

■ここに設定項目のある関数に関しては、表示/非表示の設定がいつでも行えます。

ROUNDのチェックを外してOKボタンをクリックしてください。
try_gif40.gif

■Round関数を表示させると、なぜその答えになったのか、根拠が分かるようになります。

コメントを入力してみよう▲戻る

カルクノートには、「コメント」、「印字注釈」、「計算注釈」の3種類のコメント(注釈文)を記述する事ができます。これらを順番に見ていきましょう。


P 注釈文その1「コメント」

説明:算式参照画面に表示されない注釈文です。
書式:#(シャープ)から#まで、または#から[改行]まで。
try_gif20.gif

■書きとめておきたい事などを入力するのに使用します。

P 注釈文その2「印字注釈」

説明:算式参照画面に表示される注釈文です。
書式:"(ダブルコート)から"まで、または"から[改行]まで。
try_gif21.gif

■計算結果と組み合わせて文章を作ったり、いろいろ便利に使えます。

P 注釈文その3「計算注釈」

説明:計算は行うけれど、算式参照画面に表示しない注釈文です。
書式:@(アットマーク)から@まで、または@から[改行]まで。
try_gif22.gif

■例えば、式を表示させずに答えだけ表示させたい時などに利用します。

テンプレート機能を活用しよう▲戻る

カルクノートで使用できる技術計算の関数や演算記号、その他特殊記号の一覧は、テンプレート機能に網羅されています。 使用する関数をクリックして選択すると、算式入力画面にその関数が挿入されます。使用方法等もご覧いただけますので、ぜひご活用ください。


P 使用する関数の選択

メニュー「テンプレート」→「関数のカテゴリ選択」→「使用する関数」をクリックしてください。
try_gif25.gif

■log関数を選択する様子

関数を選択すると、算式入力画面に挿入されます。
try_gif26.gif

■テンプレートを使用せずに直接関数を入力しても、まったく問題ありません。