カルクノート

カルクノート

技術計算エディター

Windows 7/Vista

98/Me/2000/XP

カルクノート 算式ライブラリ

全部開く | 全部閉じる

算式ライブラリの使い方▲戻る

算式ライブラリをダウンロードして使う方法▲戻る

P 手順1:ダウンロード

算式ライブラリ一覧のツリーから、お好きなカテゴリのフォルダをクリックしてください。 ファイルを直接選択したい場合には、フォルダアイコンの左にある+、-のアイコンをクリックしてカテゴリを開き、お好きなファイルをクリックしてください。
lib_use1.gif

NEWと表示されているファイルアイコンは、新しく追加されたものです。

同ジャンルの算式ライブラリファイルを一括してダウンロードする場合には「一括ダウンロード」の項目のDownloadをクリックしてください。 個別に1つのファイルをダウンロードする場合には「個別ダウンロード」の項目の、Downloadをクリックしてください。
lib_use2.gif

■自己解凍形式、ZIP形式のどちらか選択してDownloadをクリックしてください。内容はどちらも同じです。

P 手順2:ダウンロードしたファイルの解凍

自己解凍形式の場合は、ダウンロードした後ダブルクリックして解凍してください。
ZIP形式の場合は、ダウンロードした後解凍ソフトを使用して解凍してください。

解凍すると、次のファイルができあがります。

(一括の場合)
カテゴリ名のフォルダ
算式ライブラリファイル(拡張子CNLのファイル)
算式ライブラリファイル(拡張子CNLのファイル)
算式ライブラリファイル(拡張子CNLのファイル)

(個別の場合)
算式ライブラリファイル(拡張子CNLのファイル)

P 手順3:解凍したファイルの算式ライブラリパスへのコピー

算式ライブラリパスとは、算式ライブラリファイルを格納するフォルダの事を指します。
※デフォルトでは通常「C:\Program Files\CalcNote\Library」となっています。

算式ライブラリパスの変更、確認を行うには、メニュー「ツール」→「環境設定」→「その他」タブ→「算式ライブラリのパス」をご覧ください。
lib_use3.gif


解凍したファイルを、カテゴリ名のフォルダごと算式ライブラリパスへコピーしてください。
※算式ライブラリファイル(拡張子CNLのファイル)単独でもかまいません。
lib_use4.gif

■算式ライブラリパスには、フォルダとファイルの両方を自由に格納する事ができます。(エクスプローラ)


カルクノートが既に起動している場合には、一度カルクノートを再起動してください。
lib_use5.gif

■フォルダとファイルの構成が、そのままカルクノートの算式ライブラリに反映されます。(カルクノート)

P 手順4:確認

メニュー「算式ライブラリ」→「カテゴリ」→「算式ライブラリファイル」をクリックして、算式入力画面に目的の算式がペーストされる事を確認してください。

以上で準備は完了しました。以後、他の算式ライブラリファイルを追加する場合にも同じ手順で追加が可能です。

算式ライブラリを自作する方法▲戻る

P 手順1:カルクノートを起動し、算式を記述する。

普段よく使う公式や計算式を、できるだけ汎用的に、あとから使いまわしができるように考えて記述します。
lib_use6.gif

■例として、正三角形の面積を求める公式の算式ライブラリを作成してみます。

P 手順2:算式ライブラリとして保存する

メニュー「ファイル」→「算式ライブラリの作成」をクリックしてください。
lib_use7.gif

「正三角形の面積を求める公式.cnl」という名前でファイルを保存してください。
保存先は、算式ライブラリパスを指定してください。
lib_use8.gif

P 手順3:確認

メニュー「算式ライブラリ」→「正三角形の面積を求める公式.cnl」をクリックしてください。
lib_use9.gif

■正しく作成した算式がペーストされる事を確認してください。

P 補足:カテゴリ分けを行う方法

作成した「正三角形の面積を求める公式.cnl」を、エクスプローラで以下のような構成にしてください。変更後は、カルクノートを再起動してください。

算式ライブラリパス
数学の公式 ※カテゴリ名のフォルダを新規作成する。
    正三角形の面積を求める公式.cnl

メニュー「算式ライブラリ」→「数学の公式」→「正三角形の面積を求める公式.cnl」をクリックしてください。
lib_use10.gif

■カテゴリ分けが完成しました。